ネットオークションのヤフオクを利用して、現金化は可能か?

今や国民的オークションサイトのヤフオクには、落札代金の支払い方法に便利なヤフーかんたん決済があります。
かんたん決済はクレジットカード払いに対応しており、2016年からは手数料も無料になっています。
このシステムを利用すれば、一見するとショッピング枠の現金化が簡単にできそうな気もします
実際のところはどうなのでしょうか。

クレジットカードで金券を落札可能か?

まず、落札者として商品券や図書カードを落札し、かんたん決済のクレジットカードで支払いをして、届いたものを金券ショップに売却できるのではないか、という方法が考えられます。
もしこれが可能ならば、ラクな方法ですね。

ただ、結論から言うと、この方法は使うことができません。
かんたん決済の支払い方法は、カテゴリごとに決まっていて、金券カテゴリのオークションにはクレジット払いが利用できないようになっているからです。

もし金券カテゴリの商品をクレジット払いで落札できてしまうと、街でひっそりと営業しているカード現金化業者とあまり違いがありませんので、当然と言えば当然ですね。

複数IDを作って自作自演の取引は可能か?

次に、自分で複数のヤフーIDを取得し、それぞれのIDで自分が出品と落札の両方を行うという方法も考えられます。
落札した側のIDで、かんたん決済のクレジットがカード払いで支払うと、出品側のIDに登録している自分の口座に落札代金が振込まれるということです。

実は、この方法は、以前はある程度可能だったという話もあります。
ただ、現在は決済システムの監視が厳しくなっており、以前のように簡単にはできなくなっています。

例えば、出品IDと落札IDの住所が近かったり、同じパソコンで取引しているとすぐに判明するようになっています。
取引実績なども自動で参照されており、かなりの確率で怪しい取引を拒否する仕組みになっています。
やはり、社会的にクレジットカードの現金化が問題視されていますので、監視システムにも力が入っているようです。

このように、ヤフオクは大手企業の運営で利用者も多いため、監視が行き届いており、現金化は難しいです。
不審な取引をしたとしてカード会社に連絡が行き、カードが利用停止になったりするのではないか?といったことを考えると、安易に手を出すのはおすすめできません

クレジットカードの、買い取り方式の現金化とは?

一番代表的な、買い取り方式のクレジットカードの現金化では、新幹線の回数チケットを、街中などで営業している、金券売り場へと、持ち運んで行く方法が挙げられます。

上記の方法とは別に、新製品のノートパソコンなどを、クレジットカードを使用して、買って行きながら、家電のリサイクルショップへと、買い取ってもらう方法などがあったりします。
“クレジットカードの、買い取り方式の現金化とは?”の続きを読む